Brunnensteinの日記

底辺アカデミアの日常@ババア遷移領域

ライザップ的なあれ

大学のトレーニングセンター的なところの企画で

ライザップ的なことをしてくれるのがあって

応募したらあたりました!

食事の写真をおくって、パーソナルトレーニングもしてくれるらしい。

お金もとくに取られないという!!

ありがたすぎるー!

仕事の合間にいって、すぐ仕事にもどれる。

運動してリフレッシュして、もう一仕事できる!!

大学勤めのいいところだとおもいますね、、

この一年コンスタントにジム通いしてたので

基礎体力も少しはついてきました!

シュッとしたねー!!

と久しぶりに会った人にはいわれます!

まだまだなんです!

ほっぺたの肉が落ちる心配がないくらいシュッとしたい!

 

バキバキの身体になれるかな(^ ^)

独身さいこー(^ ^)

もちろん結婚はしたい、、

鴨鍋激ウマ

f:id:Brunnenstein:20180923005931j:image

f:id:Brunnenstein:20180923005934j:image

かも鍋食べたんですが激ウマでした

ちなみに鶏肉も写っています

鴨の赤身のめちゃくちゃな旨味って

肉界トップクラスだとおもいます!!

赤身への概念がかわりました!

わたしサシ入ってない肉をあまり信じてなかったんですが

これはまじおいしかった、、

贈り物って

鱧とかフグとかおくりますけど

あれって高級だからありがたがられてるだけで

実際そんなすごい美味しいわけじゃないとおもうんですよ。

しかし!!

鴨はすごい!!

圧倒的うまみ!!一口でそれとわかる個性ある風味!!健康にもいい!!

鴨ってこんなに美味しいわりにそんな話題に上がらないような!!

鴨そばでしか食べないような!

いい鴨はすごい!

鴨鍋は普通の鍋と違って

水分の出ない野菜で作ります。

セリが死ぬほどあうー!!!!!!

低温でさっとしゃぶしゃぶするのですが

やわらかい!!!!

そして!!脂がいい!!!

最後の締めとか最高すぎて言葉になりません、、

残った汁であした雑炊にするんです、、

た、たのしみ、、

これから祝い事は鴨かもしれません、、

そして、贈り物は鴨かもしれません、、

 

ほんとにびっくりするほどうまい系の食事でしたわ!!!

 

前日に出版社の友達に四谷で生肉とかいいにくとかたらふくご馳走してもらったんですが

それよりも!!よかった!!!

くだらない研究

くだらない研究だとしても

多少は学術的意味があって

自分でおもいついて,自分で遂行して,

ちゃんと論文誌にのると

うれしいしテンションあがって

楽しい気がしてくる.

自主性ってほんとに大事なんだなあ.

もっともっといい研究いつかはしたいけどね!!

 

ほんと,博士の時はもう二度と研究が楽しめる日などこないように思えて

絶望していたものですが

そうとは限りませんね!!!

大丈夫です!!!

でーと

出版社の友達がいるのだが

週刊誌でえろい記事をかいていて

グラビアの撮影に毎回立ち会うらしい.

とても仕事が忙しいのと,出版社なんてモテるだろうし年収も高いので

そういう人から見たら私ってイモムシのような女に見えると思うのですよ.

誘われてもあまり本気にしていなかったのですが

かなり優しくてお店もいいとこ連れてってくれるのと

私ごときに赤坂でエスコートしてくれたり

また誘ってくれたので

ま,まさか・・・・

と思うんですが,そんなことってあるんですかね?

でも毎日グラビアアイドルみてるひとなのに

俺はお前みたいな女なんかイモムシなんだよ!

という態度もしてこないし,マウンティングしてこないし

週刊誌でエロい記事かいてるのに下世話な感じの人じゃないし

スゲーいい人なんじゃないかと思えてきました.

(ハードル低すぎ?だから元彼みたいなモラハラと付き合ってしまったのか・・)

 

週刊誌でエロい記事かいて,たくさんお金をもらう仕事って

なんかよくないですか・・?

大卒で,立派な出版社で,エロい記事を真面目に書くって・・・

その仕事いいな・・・・

 

でも前もこんなことがあったんだよな・・・

元カノがモデルだという,イベントコンパニオン事務所のボスが

なんか上から目線で口説いてきたときがあったんですよ・・

きっと派手な女につかれて

私くらいのイモムシ度に安心感を覚えるのかもしれない.

大人しそうだし,手玉にとれそうだし,浮気とかしなさそうだし

結婚はこの女あたりで手をうっておいて,女遊びはほかで楽しみますか,,

というやつなのかもしれない・・

人生そんな甘くないとは思うけど

またとりあえずデートにはいきましょっと.

大学教員は地球で最も良い仕事のうちの一つ

わたしってすごい今までの人生生きづらくて大変だったんですけど

大学で働き始めてから幸せなんですよね

確実に学生時代より幸せ!!仕事のほうが楽!!!

でも世の中の人たちって仕事楽しくて幸せとかいってるひと

かなりすくないじゃないですか。

たぶん大学教員ってもっともおいしい仕事の一つですね。

これツイッターとかで言えないですね。

八割くらいの人が仕事つらいのに

私は楽しいなんて言えませんわ。

私それを中学生のときから気づいてたんですよ。

大学教員って最高すぎないか?

私がそれになれず

他の奴がそれになるのは許せない!

と思ってたんですよ。

日本の場合は給料が低いとか任期があるという問題がありますが

組織によるとおもうけど

それ以外は最高だとおもいます。

 

まず、うざい先輩に指図をされたりしません。

無能なのに数年入社が早いだけのクソ先輩に

早く来て机をふけだの、新人は始業30分前にこいだの、たるんでるだの、スライドを添削してやるから見てやるだの(むしろお前のスライドを添削してやるわ)、バレンタインはチョコレートを用意しろだの、大人しくてしおらしい女になれだの、チンコをぶちこませろだの、

くそみたいな指図を受けることはまずありません。

もちろん教授がクソな場合はそのリスクはありまふ。

組織の宗教に洗脳されることもまずありません。

私はそういうのが本当に嫌で嫌で、許せないんですよ。

バカに命令されて、従わされるのが許せない!!!

でもそんなんじゃほんとはいけないのかもしれません。

一方大学は

勝手に生きることを許されているのです。

自分の内なる神に従えばいいだけです。

これでお金がもらえるんだから、安くてもまあ仕方ない。

でもほんとは人間として乗り越えるべき苦労をスキップしてるのかもしれません。

 

社会の常識がないのが大学教員であるという常識により

常識的なふるまいを強要されることが少なく

常識的なふるまいをすればそれだけでありがたがってもらえます。

 

先生とよばれ、表面上だけでも敬った態度をとってもらえます。

大学教員になってしまえば和を重んじる集団とは別枠の存在になることができ

あの人は大学の先生だからね、、

という目で見られ

和を乱すとかマウンティングいう概念から抜けられます。

すなわちダサくても変わってても

頭がいいから少し変なのね

みたいな感じで、見下される感じではなく、許してもらえるのです。

全く頭がよくなくタダのクソ人間は沢山いるのですが

大学教員というだけで、頭がいいと勘違いしてもらえて

しかも見下されずにすむのです。

若い女というだけで、バカという前提で接されることが多いですが

そういうのもなくなります。

人からどう思われるか私は気にしてたんですな、、

ほんとはそういうのよくないですね。

見下されても、それでもストレスを感じない人間になるのがホントですね。

だってこの先ボケた老人になったら

全ての肩書きなんて無になってしまうんですから、、

老人ホームでバカにされながら死んでいくんですから、、

 

朝は用事がなければ昼ごろきても怒られないし

適当な時間にかえっても怒られません。

 

出張を自分の好きに計画することができます。

 

勝手に好きな研究をすることができます。

組織の役に立つかどうかは全く関係なく

好きなテーマをやればよく

好きな勉強会、学会にいけばよいです。

そのお金も研究費で賄えます。

 

勉強をするのも仕事です。

経費でパソコンなどを買えます。

 

大学教員って最高じゃないですか、、?

このために博士に残る価値がある、、!

博士は最悪でした、、

 

でも私が他人を特別な人間として扱わないから

私も特別な人間として扱われなかったんだろな

と今は思いますね

でもほんとー、、

ひどい人ばっかなんだもん、、

人のこと言えないのかな〜

偏屈なひとでも幸せに生きれてしまうから

偏屈なままになってしまう、それが大学という環境かもわかりません、、

iPadをノートにするとべんり

ペンシル対応になってすさまじい便利さになったとおもう。

まずもう、実験ノートをiPadでとってしまう。

アプリ内で細かく項目別にノートが増やせるので、あとから該当箇所探すのもめちゃくちゃ楽!

紙のやつとちがっていくらでもノート増やせるし

紙が勿体無いという概念がなくなるし

すっきりこの上ない。

 

あと占いノートにもつかえる。

占いした紙ってうっかり後からでたきたり

うっかり誰かに見られると恥ずかしいこの上ない

そして大量になってくると保管も後から探すことも難しい!

だけどiPadなら、、ネ!

 

そして実験ノートとるときに

簡単に写真とってノートに貼り付けられるのが

この上なくべんり!!!

すげーわ!!

むかし!小保方のせいで実験ノート義務付けられて

それが殴り書きじゃだめで

三者がみてわかるような、

目的装置などを、同じこと毎日かかされて

グラフ切り貼りして、それぞれのグラフにハンコ押して

修正箇所は訂正印おして

報告書みたいにしなきゃいけなくなって

それを

全く劣った、研究者として死んでいて

暇ゆえに、事務仕事だけはネチネチやる上司に

毎日綺麗な字で完璧な日誌を書くように要求され

誤字脱字を指摘され

訂正印があるとかないとか、

実験立会人の項目がないとか

そんなどうでもいいことを言われ

ちゃんとノートかかないと小保方さんみたいになっちゃうよ?

とか言われて

ほんとすべてぶち壊してやりたい怒りに震えて実験ノートを作っていたのですが

そのときの怒りを思い出すほどにべんり!!!

 

お前みたいな研究者なんて

小保方と目くそ鼻くそなんだよ!バーカバーカ!!

ネット婚活的生活

うちは占い師という特殊な家庭なのである.

 

私は新しい人とたくさんデートして相手を見極めるってことが

器用にできるタイプじゃない.気疲れしちゃうし,仕事にも影響がでちゃう.

切られたり切ったりするのにすごい疲弊してしまう・・・

(この機にそれに慣れるのがいいんだろか?就活みたいに)

なのでとりあえずは家で婚活できるネット婚活がいいんだと思う.

しかしネット婚活はまさに決めることができない.

猛烈にたくさんの人がいてわけがわからなくなってくる・・・

でもいちいち会う気力もない・・

なので,この人いいかもな,と思った人を

朝占う.

今日4人占ったら

全員クソのように悪かった.

でもなんかすっきりした.

占いでさえ,やりたくないと思ってたんだけど

会うのに比べたらどれだけ手軽か・・・

この生活を淡々と1年やってみれば

いいんじゃないだろうか!!!!

ちなみにうちの妹もそうして結婚した.

 

どれもこれも,,全然選べない・・・

でも高望みなのかも・・・

我慢してこの人のために股間を開いて,家事をしてあげなきゃいけない

それが人生ってやつなのかも・・・

とつい思いそうになるのだが

占いの神様的な人でさえ

やめとけ!!!

と言ってくれるのだと思えばすげーすっきりします.

いないんですよ.合う人なんてめったに!!!

結婚して後悔してるひと,世の中にどれだけいることやら!!!

ようやくやってきた,女が一人でもそこまで違和感のない時代!

なんてありがたいんでしょう...

砂粒を探す旅の途中なんだと思えば

どれだけ気が楽か.

あんたの許容が狭いのに問題があるんじゃない?

って婚活になると女は思わされる傾向にありますが

そんなことはねーと思う.

私いままでクソみたいな彼氏とも平穏にやってきたし

その中で妥協して自分を抑えていることが

いかに勿体ないか思い知りましたもの・・・・・

 

そういうの卑屈になってても仕方ない.

出てこなきゃこないでいい!!!

ただ,出会って,占って,そうやって生きてみる!!!

私はこの世界から,自分に合った砂粒を見つけ出す!!!

 

まさにこの時代に私にしかできない婚活のやり方である.

今の時代占いなんかやってると笑われるかんじですけど

占い師のボリュームゾーンがクソなだけなんですよ.

ヤブ医者がいても,医学の価値はかわらないじゃないですか?

ほんとの占いってものが存在するんですよ・・・

きっと,中世以前は,占い師ってすごい権力があったと思いますよ.