Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

四月まであと1週間

し,しがつまであと一週間・・・・・
宿題が不安という要素を除き,5月病の予感を除き,,
うわ〜〜〜っと舞い上がることはなかったけど,
よく考えてみると,こんなに精神が落ち着いて,幸せな春休みはなかったかも.
仲間に恵まれ,先生に恵まれ,
1年間修論としっかり向き合ってきた堅実な充実感,
4月からは希望の進路先..
どこかにいったわけじゃないんだけど..

しかし
3月はじめ  修論提出
→脱力
→焦燥
(やすんでていいのか?という焦りで無駄に研究室へ.
 しかし休んでていいような空気を感じる)
→脱力
→卒業
→ホンワカ
 (春休みだという確信)
→もうすぐ4月
→焦燥!!!!!!!!!!!!!!!!!
 (宿題やってない先生に挨拶にもいってない)


おもいだしてきたよ...
研究所での日々を..
いつもモヤモヤしていたあの日々..
これまでは週に1回友達がいっぱいいる大学に戻れてたけど
これからは研究室にずっと!!!!!
もう適応できるのか不安!!!
でも大学にはまだ後輩がいて,遊びにいってやるんだから!!
あとみんな都内で働いてるから,会いに行くんだから!!!
それにしても,4月からの環境を死ぬほど欲してきたはずなのに...
ほんの1年前までは,
こんな大学いやだああああ...研究所に行くんだ〜〜
独りでもかまわない!!
わたしは孤独の人生を戦って見せる!!!
と思っていたのに,あの頃の私の考えはすべて妄想だったのか..
不安しかありません..
すっかりそれらを忘れて幸せだったここ十数日..
この1か月が人生最後の休暇に感じているからかもしれません..
人生これ以上ないほどの安らぎの休暇だったから4月が辛いのかも・・
でも4月からの本職に安心があるからこそ,
3月しっかり休めたところもあるかも..
浮気の心理のような..
そもそもいつも鬱で実家に帰るとさらに鬱になるから
ずっと研究室にいきたい!!
とか,ちょっと前まで思ってたはずなのに
どういうことでしょこれ????

今日は大学の友達と焼肉たべいく!!
話したら気がまぎれる.
あとは食事いったひととまたおひるごはんの約束をし..
なんかホンワカ..
まだどんな人かわかんないけど,傷ついてもいいのかもしんない.
人間関係が常に広がりをもっていれば
大丈夫なのかも..??