読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

おぼかた

研究

先々週久しぶりに母校にいったら会う人会う人

STAP細胞あるんですか!?!?

おぼかたに似てる!!!

と言われまくり辟易・・・・・

しっかりしてないとこと

はかせなところと

顔が似ているらしい.(鼻の孔は違うといわれる

でもコピペとかしたことないよ?

かなり内容を参考にしたとしても

自分で理解して,言い回しを自分なりに変更した上で引用つけるよ??

(ちょっとでも被っててコピペを疑われないか神経を使う・・)

 

おぼかたさん研究員に格下げらしいけど

STAP細胞の検証実験がクビにしたらできないから・・・

とかいうけど,一回クビにして契約職員にすればいいのにね..

でも最初の採用規定にひっかかるのかな.

あと研究所って普通大学でてそのまま正規職員になれない気がするんですが.

いまおぼかたさんって任期付きの研究員なんじゃないのか?

普通あんなわがまま言って高待遇受けられるようなポジションじゃないような・・

笹井パワーでいいポジションにいるんだろーか.

あと国研のなかでも理研は倍率も高く,給与が高い様子.

待遇違うのかな~~・

(私もいま院生だけど国研で研究してる)

任期明けの審査は通らんだろうな~.

ストレートで博士でてていま31歳だと

おそらく来年度契約満期だから,

また任期明けの審査がニュースになるかもね...

任期明けに次の就職どーなるのか木になります.

 

あとわたし

卒業後助教なれるかも!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

でもいろいろ悩むところがあって悩んでます・・・

あんま行きたくないとこなんだけど

卒業後すぐ助教ってかなりラッキーなケースなようなので

このチャンスにしがみついたほうがいいのかな~~~~

 

実力の割に順風満帆ぽいところもおぼかたっぽいんだと思われます.

まあ運良かったこともいっぱいあるけど

実際は順風満帆じゃないこともいっぱいあるよ・・・・