Brunnensteinの日記

底辺アカデミアの日常

彼氏が2日にかえってくる

彼氏が四国の実家から2日にかえってくる!
私と会うために、、!!
彼氏と会ってる時間は進歩を感じないので
そんな早く来なくてもいいのに…
と思ってたんだけど
俺に会いたくないの?!
嫌いなの?!
とうるさいので、まあ会うか…
も思っていた…
しかし今日
研究所にいって色々やってて
へこんでたら
さみしくなってきた。
ほとんど帰れない実家の時間より
わたしを優先して
帰ってきてくれるのが嬉しいよなあ。

進歩のない一年だったなあ…
っておもって凹んでたんだけど
進歩がなくても幸せにすごせたのは
彼氏のおかげなんだよね。
頑張りつづけてないと不安で押しつぶされそうで
毎日泣いて目の周りの皮膚がかぶれ続けてた
日を思えば
ありがたいのかもなーー…と…
なにがなんでも進歩してなきゃなんないってことないよね、、
ゆっくり休ませてもらいました。
人生進歩だけじゃないんだな、、
進歩しなくても安心できる場所ができたことってすごい。
周りの、仕事への哲学なしに異様に頑張ってる人たちは
どこか孤独を抱えている気がしてしまう。
ただ自分がすごい人間になることがモチベーションで…
恋愛に関しても、どこか冷めてるというか…
性処理とか勲章みたいな意味で彼女がいる気がする。
私も異様に頑張る人になりたいとおもってたけど
もう無理かもしれない…
天は二物を与えずというけど
周りの天才的な人をみてると
それを感じます…
まあ好きなことにのめり込む意味で異様な成果をあげられる人もいるし
それこそが天才だとおもいますが…
でもとにかく来年は頑張らなきゃなりませんが!!