読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

PD結果

PD落ちてた!

申請者の中で平均よりちょい上程度だった様子.

そもそも落ちてもいいから勉強のつもりで書いたとこもあるし

無職になる心配があるわけではないし

おそらくもう別のとこに就職するのが濃厚なので

あまり生活がかかったショックはないが

自分の実力についてじわじわ考えることがあったり..

先生に見せたら,こりゃ厳しい!と言われた.

どっちの先生も,こりゃあ受かるね,と事前に言っていたんだが..

いやSPDいけるかもなー

SPDだったら助教とどっちがいいんだろ…

と真面目に考えていたのだが、

私の業績が足りないのもあるし

普段工学系なんだけど数物科学でだしたのもある.

分野が違うと面白いと思ってもらえないんだな~と痛感..

どう考えても価値がある研究ができるようになりたい…

PDは学問融合が推奨されているというのに~

これまでDC1もとったし,助教にもなれそうだしで

実力の割にうぬぼれてきたので

モチベーションをあげるいい機会だということで

がんばろ~!

DC1で自惚れてちゃまったくだめよ!!

 

しかし申請者のなかで平均だとおもうとちょっとショックかもしれん…

でもこの生活かえりみれば当たり前だよな!!

むしろもっと下だろう!!

ライバル意識してやんなきゃいけないね!

優秀なひとたちと共に楽しまなくちゃいねない…

 

かなり論文かいてて賞もとってる同学年の知り合いも落ちてた!

だけど評点わたしより結構よかったけど(*_*)

きびしー!

とおもいまひた

インパクトファクターもちゃんと計算されてるのかねやっぱ(*_*)

 

無職!

無職!!

 

と思ってたんだけど

私のような無能でも無職にならないように声を掛けてくれる

人達や制度が案外あり、

案外どうにかなるように世の中はできていて

人間は一人で生きてるんじゃないんだなーー

とかんじました。

受け入れ予定の先生は評価者を怒っていて

時代を先取りしすぎた

奴らは俺を潰そうとしている

といっていた。

そんなことってあるのかな…

分野の中では比較的新ジャンルなので

そういうのに風当たりが厳しかったり

予算割けなかったりってのがあるのかもしれない

でも来年から共同研究ができそうなので嬉しい。

生きているのを感じる。

行動がつながっていく!

私が役に立つかはわからないけどたのしそー

やはり助教になればすきなこと沢山やれるからいいかもな