Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

早起きの技術

 早起きが死ぬほど苦手なので読みました.

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術

 

 これまでもこういう系のものいくつか読んできてるんだけど・・

よかったです.(すぐ読み終わるけど)

自分へのタスクを課すときに,ハードルを上げ過ぎない配慮に着目している

かんじ.そこがあたらしいかんじでした.

とにかく早く帰って寝て早く起きるに集約されるけど

そこがうまくいかないときの心構えを分析してくれている.

仕事の高密度化が重要・・

 

研究でわかんないことだらけだと,

最近日本語も英語も読むのつらい・・

って思ってたけど

興味ある読書は日本語読むの全然苦じゃなくって

スラスラできることを間に挟むのは精神衛生上よさそう・・

 

土日も頑張らなきゃと思ってたけど,がっつりお休みしました.

でもそれでいいんだとおもう..

人の判断基準じゃなくて

自分で休むと決めたら罪悪感を感じないように・・

平日をちゃんとやりぬきたい.

 

D4きまって,この本読んでから

ちょっと平日の集中度あがってます.

D4なっても集中度あがらなかったらまじでおしまいだと思われるが・・・

 

D4なっても,その道ですごい人になったひと沢山いるからね!

くやしいと思わないほうがおかしいし

くやしい気持ちをもってちゃんとやっていくんだよ

 

と先生が言ってくれて

いままで色々ひどいことも言われたり

すっごいやりづらい空気になったり放置されたりしたけど

根から諦めて突き放すようなことはいったりしないし

私がアカデミックで残る方向にいつも考えてくれているのは

すごい希少な先生なんだと思う

先生がいなかったら大学の先生になろうなんて

おこがましいことだと思えてたんじゃないかなあ・・

しかしあまり悔しさがなくて,ただただダルい・・

つかれた・・休みたい・・遠距離ならなくてすんだ・・

と思ってたらこの事実を受け入れていた感じだったんだけど

もっと悔しさをエンジンにしたいなあ・・

挫折しすぎてひねくれてます・・

 

今週も彼氏に研究で見下したようなことを言われたので

は~!?むっかつく!

と思ったのでちょっとがんばれそ~

とりあえず集中して研究するじかんさえ増えれば

そのあと習慣になってくれればいい・・

 

そのあと土日の分全然進んでないことを先生に苦言言われたのだった・・

親からも就職心配するメールがくるし

いやだなあ~

劣等生だ劣等生・・