読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

人生はセクハラの連続

カウンセリング的なのを受けた時に

女の人生ってセクハラの連続だよ・・

と言われる.

カウンセリング室に勤めていると,世の中のいたるところで

本当に高い確率で似たようなセクハラが乱発されているらしい.

今一難去って,はあ災難だった,災難だった,,と思っているうちに

また別の職場にいけば,きっと似たような思いをするだろう・・

とのこと.

たしかに友達も結構不倫を持ちかけられた経験を持つ人は結構多い.

 

もうこういう世の中を恨むのではなく

気に入られつつも

セクハラができないような,返しやらキャラを身につけなきゃいけないよ,

と言われる.ほんとそーなんだよなあ..

20代前半は,そう簡単に世の中の男性は特定の女性に

好意だの,性欲を向けるもんじゃないと思っていた.

世の中の男性は草食化しており

そもそもクラスや研究室やサークルの男の子ととっても仲良くなっても

セクハラされることなんてそんなに多くないし

する人がいたらそのコミュニティで非難轟々になるし浮くし

好きだけど,関係を壊したくなくて,思いを秘めたまま離れ離れになるタイプいっぱいいるわけで・・

今の彼氏と付き合う前なんかは

1年間メールした上で5,6回デートしても

この人私の事どう思っているのか皆目検討もつかない・・・

と思っていたわけで・・(私モテないのか・・!?

 

上司たちにも

気に入られたいために,おとなしくて,相手が喜ぶような言動しかできなくて・・

しかしこれは肉食バブル世代を勘違いさせることらしい.

(どうぞ私と無料風俗体験してくださいと解釈するらしい.)

もちろんまともな人はそんなことないのだが

不特定多数の人が入り乱れる職場に一人くらいいる確率はとても高いのだよね.

それに,世の中のセクハラ例みてると

もっとひどいのいっぱいあるし

クヨクヨしてる場合じゃないんだよなあと思った.

そろそろ中学生の時の,エロい目で見られるだけで泣いちゃうような精神レベルは卒業じゃ.

強い女にならなきゃならんよ.

でもこういう世の中だったんだなあと思うと

女性が仕事やめて,家に入るのが推奨された時代の優しい面も感じるよねえ.

働きたい人には辛いけどね.