読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

初SPI

日曜は初めてのSPIうけてきた。

難しめで、これを一通りやっておけば安心!と言われている

ナツメ社のSPIの問題集を一通りやりました。

とはいっても1週間くらいしか時間なかったので、1周サラっというかんじです。

わかんないときはすぐに回答みて、読書感覚の勉強・・

自分のケアレスミスの多さに驚き・・驚き・・

だけどそういう自分のミスのしどころの把握が受験勉強ってやつなんだろう・・

高校生の時はそれをよくわかってなかったな~

ふだんの勉強の時は自分で実際にとかないで、回答法だけ覚えて、勉強した気になり、

テストの時だけ実際に問題をといて、ケアレスミス多発して、

自分はケアレスミスをする特別な人間だと思っていた・・(死

2017最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集

 

試験では、90分くらいかと思ってたのに

30分で終わって肩透かし。。

SPIにも種類があるのか!?

英語でなかったし・・

言語の長文もでなかったし・・

そしてやっぱ問題はこの問題集より簡単に感じましたが

間違えまくってるから問題の難易度が上がらなかった可能性もあります。。

 

対策した割にちょっとしか出ないし、出たやつも簡単なものが多かったので

たくさん難関パターンを暗記しようとした私は徒労のような気も・・

でも受験勉強なんてみんなそうか~。

最後までとききったけど、

一門一分だし、私はケアレスミス多いので

全然正答してなかったりして・・・

でも一次面接はすでに呼ばれているのよね。

あんまり点数低いと、迷ったときに落とされるかんじなのかな~。

う~ん、みんなどれくらい取れるのか気になる~。。

理系学生はこんなことに命かけてられないよね~。。

 

基本パターンが確実になるように簡単めな本を繰り返したほうがよかったかも・・

アマゾンレビューにも、難しすぎってレビューが結構多い。

全然同じ問題出ませんでした!というレビューまで。

しかし、難しすぎるとまでは思わないし、

実際のところ、ちゃんとこの本に出ているパターンの範囲のものしか出ませんでした。

何もやらずに試験に挑むよりは

果てしない安心感を持って解くことができるでしょう・・

なんせ1問1分しか時間ないのですから・・

 

完璧にできるようになったら、満点狙えそうではありますが

問題数多めなので、時間がないときは散漫な勉強になってしまいがちなリスクはあります。

SPIにそこまでするべきなのか・・

わからない・・・

学歴フィルタの言い訳のためにテストがあるんすよ。

と後輩が言っていたが・・わからない・・