読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

あわび丼

いろり屋でたべたのが忘れられず家でつくってみた。
いつも殻ごと加熱してステーキでたべてたけど
はじめて生きてるやつさばいてみた。
うねうねうごいて怖いけど
思ったより激しく動かないのでどうにかなった。
殻ごと加熱するときの激しい動きは、やはり異常事態だからなんだろう…
最後の断末魔なのかと…
包丁で貝柱をスライスされる分には
おや?
という感覚なのだろうか、あまり動かない。
さばいてから一気に加熱するほうが苦しみ少ないのではなかろうか…
f:id:Brunnenstein:20160312215106j:image
あわびをバターでちょっと焼いて、お酒で少し蒸してからスライスしてとりだす。
肝とバターとお酒としょうゆでソースをつくり、
とりだしておいた身とさっと和えて丼へ。
あんなに上手に作れないなー…
なにがちがうのかーーー
でもおいしかった。
でもあわびたかい!すくないし!
やはり牛肉買ったほうがいいわね…
あと丼にしないほうがいいかもね…