Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

久々に女友達

しばらく友達と遊んだりしていなかったのだけど

昨日は久しぶりに大学の研究室の友人の女の子とごはんを食べる。

仕事やめててびっくり。

私の学年の女の子は既に既婚か、ほんとに結婚決まってる人がほとんどです。(27~29さい)

高校の友達はほとんど決まってないのに・・どういうことだろう・・

 

その子の会社は、もと国営企業で、総合職で入ってて

T大卒ばっかの職業で、R大からそこに行くのは結構すごいことで

みんなにうらやましがられたり、妬まれたりしてた。

それをやめて、派遣になっている!

もっと前からこの仕事に気付いていればよかった。

と言っていた。

会社ではひどいセクハラとパワハラがあったらしくて

謎の体調不良で仕事中気絶して気づいたら病院ということがあったらしい。

色々見せてもらったけどひどかった・・

ほんとにどこに行ってもセクハラとパワハラがあるし

それをスルーできることを女は期待されている。

若い女の子は、そんな頑張らなくっていいよ、って雰囲気になりやすいから

社会的に認めてもらうには、

この30代への過渡期を、男に負けないくらい耐えることも必要なのだとは思うけど・・・

(もちろん女だけがつらいわけじゃないから、男性社会で認めてもらうには

 セクハラに理解がない職場で、セクハラを物ともしない精神力が

 女に求められてるんだろ~なと。

 でも本当に不快だし、モチベーションがなくなっていくのすごくわかるし

 私も一時期セクハラで博士やめようとおもってた。)

辞めるといったら、上司にめちゃくちゃ怒られて

大学まで謝りにいくように言われたらしい。

3年働いてもそんな責任があるのか・・(後輩の採用などに響くらしい・・)

他にもスーパーゼネコンに勤めていた女の子が辞めて

その子も怒られて、2人で一緒に大学に謝りに行った様子・・

(大学では怒られなかったらしい)

大学卒業時はこのままバリキャリで進んでいくんだろうな~

という雰囲気だった人たちも、ほんとに結婚のタイミングで転職・退職が多い・・

他にもたくさん辞めた人の話を聞いた。

一般職が寿退社するのが普通だった時代と同じ雰囲気を感じる・・

その子たちの選択って、個人として全く間違ってないとは思うけど

男性だったら普通こんな優良企業やめるってあんまないし、

むしろ今の時代って理系女子が一流どころに決まりやすいんだけど

そこをありがたみなく辞めていく女の子が多いと

やっぱ女の社会進出って難しいんだろうな~と。。

家庭とか子供とか、守るものが現れると女ってそっちモードになっちゃうんだよな。

これって生物的なものだけじゃなく、社会的なものもあるのだろうけど・・

子供のころ、経済的な意味で看護とか薬学に進むのをすごい勧められたものだけど

保守的な選択は絶対いや!!!と思っていた。

しかし、ほんとわかるね。

最初から看護を喜々として選んだ人たちのライフスタイルの安定ぶり!!

アカデミックとか、一流企業とか、そんなところって一度中断したらもう波に乗りにくい。

手に職系は強い。だけどそんなこと考えて子供のころから人生決めたくないよなあ。

でも波に乗れたからってそれがなんなんだろう。

コンクリートの施工法の最前線に乗れていたところで

それがなんなんだろう・・・・

あ~人生むなし。

そんなことを考えなくて済むためにも、私はちょっと難しい仕事に就きたいと思っているのだけど。。

 

私は博士の後大学の先生になりたかったけど

彼氏とのことですごいいろいろ解決しなければいけない問題があって

でもドロップアウトは考えられなかったんだけど

みんなと話してたら色々思うことがあった・・

仕事なんて選ばなければいくらでもあるよ!

と言われた。

果たして果たして・・・

いつも憂鬱そうで、キリキリしてた雰囲気の子だったけど

彼氏と結婚が見えてきた状況で仕事をやめたら

超ふんわりした雰囲気になってて、言動も優しくなってて驚いた。

「新卒の時に、就活で人生決まるような焦りがあるけど

全然そんなことないなって今は思うよ」

と言われる。。

まあそれは一流企業に行ったあと幸せな結婚を手に入れた立場からの

余裕の発言ではあると思うけど

まあ確かに、そういう面もあるのかもなあと思った。

私は関東で、自分が心から納得できる仕事について、結婚もしたいと思うから、

めちゃくちゃ焦っている。

 

彼氏に

まだチャンスがあれば大学の先生になるつもりでいる

と言ったら怒られた・・・