Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

あさひなぐ面白い 

はあプログラムかくのしんどい

だけどもうあとは処理するだけ!になったときの

着実に自分が進んだ気持ちは忘れないようにしたい・・

 

いま

無料アプリで、あさひなぐ

あさひなぐ(1) (ビッグコミックス)

という漫画を読んでいるのだが

すごい面白い!!!薙刀部の漫画なんですが

頑張るってすばらしいことだなっていうエネルギーが詰まっている。

中高のとき、熱血の部活って私はありえないと思ってて

うわ~よくやるな、としか思ってなかったんだけど

ほんと感涙。

思ってみれば、

うわ~よくやるな、

って私、人生を通して何もかもにそう思ってたんだよね。

あ~私の研究も薙刀と一緒なんだよな・・と思ったというか。(うまく言えないけど

薙刀を通して、人間の生き方を描いているように思える。

全ての良い作品は、特殊な個人の立場から大局観を得るところがあると思うのだけど

とてもそんなかんじ。

人が何かをどうとらえて頑張るかって、意外と周りの人たちのエネルギーによって

左右されてるところがあると思う。

できればポジティブに、やる気もって頑張りたい。

この漫画はそういういいエネルギーを分けてくれると思う。

漫画というもののポテンシャルってすごいな、と思った。

きっともっとすごい影響力のある文学なんかもあるんだと思うけど

漫画は楽しくて読みたくて、深く考えなくてもわかるもんね。

作者が一生懸命読者の心に届くように思いを凝らしたエネルギーが伝わってくる!!!

賞をとっているようですが納得です。ここ一番のヒットかも・・

こんなのかける人ってよほど人ができている!!!!

私漫画家なれん!!!!

そのうち買おうかな!!!

 

浅田真央など、ストイックな人が自分と戦っている姿をみているとほんとに感動するよなあ。

何のために頑張るのか?

という問いはこのとき無意味になるよね。