読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

就活と来年の住まい

なんだか彼氏が最近来年住むところについてすごい調べている。

まだ私の就活終わってないんだけど

横浜とか川崎勤務になりそうな会社が多いので

彼氏の職場とその職場を考えたときに、どこに住めばいいのか・・・

ということを調べている・・・

なんか私が企業に行ってほしいらしくて

そっちの方向に引っ張っていこうとするのだけど

これどうしたらいいんだろう・・・

公募もだすよ・・・

と言ってあるんだけど

ダメ!!!!!!!!!

っていうんだよね。

はー

でも私との未来に前向きなのは伝わってきてそれは喜ばしいのだが・・・

 

これまでの私はストレスをためてきていて

これ将来パーキンソン病発病するのではないかとふと思った。

なにか必死の覚悟で、つらいところを歯を食いしばっていきていくものだと

思っていたんだけど

こういうの積み重ねると

鬱っぽくなって、動けなくなって

この状態ず~っと続けていると

脳のドーパミン出す部位の神経細胞が死んで

体が動かなくなる

パーキンソン病のリスクが増えてしまうらしい。

こわあああああ!!!!!

私はムズムズ足症候群だし、たまに手が震えるし

ドーパミン出てないって言われるし、睡眠障害気味だし、鬱気味だったし

2歳児のときに立とうとしなかったらしいし

かなり今の時点で兆候ともいえる性格というか、パーキンソン病の副症状みたいなのが

でているので、すごい怖くなったのでした・・・

このパーキンソン病という病気の存在や、マインドフルネスという概念などを知って

なにか生きる上での心構えについていろいろ思うことがあって

今度またまとめたいのですが・・(散漫な文だけど・・

人間、平常心で生きるってことが必要なんだなあと。

私はいつも

研究にしろ勉強にしろ

歯を食いしばってやる!限界までやる!

というのを目標にしていたんだけど

それで心身に負担かかってて、いつのまにすごい効率おちてた。

ああ、〇〇しなくちゃいけない、、やだなやだな。。と思ってて。

みんなもっと淡々とやってて、私もそうなろうと思った。