Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

就活して思ったこと

アカデミックにこだわると関東に就職できない可能性が高いので

そうなると今の彼氏と別れて,結婚できなくなるな,,

研究もつらいことばかりだし,果たしてそれは幸せなのだろうか・・・という観点から

保険獲得のために始めた就活でしたが・・

 

私はめちゃくちゃプライド高いんだな~・・・・

ってことが就活してよくわかった..

誰もが憧れる企業に

T大生でも,受かればすごいと思われる企業に

受かりたかったんだな・・という気持ちを感じた.

いままで大学受験や研究などは一流どころに食い込めなかったけど

総合的な人格やインパクトみたいなのを試される就活では

私はもっと評価されるはずだわ!!!!

と思っていたところがあり.

研究を諦めるなら,そのかわりすごいトップ企業に行きたいと思っていたんだな.

もしくはアカデミックの人たちでさえこぞって行きたいとおもう環境の企業の研究所に・・

みんなが,すげえ!って思ってくれるところにいって

いや,全然すごくないっす.って言いたかったんだなあと・・・(死

今でも私が修士で現役だったら,どこでも行けたんじゃないかと思っていて

某石川なんとか重工に甘んじてしまいそうな現状が悔しいというか・・・

でも私の状況と,仕事内容がマッチしてるのはここが一番なんだけども・・・

そのマッチした企業が一流中の一流じゃないのが悔しいというか・・

同級生の一部がもっとすごいところに行ってると悔しくて・・

なんかこんなにプライド高いと問題な気がするなあ・・・

大学の先生になれば,他の人と比べられにくいし

なんか無駄に社会的評価されるし

そんな意味でも目指してたのかもしんないな~と思った.

こういう他人がいたら,なんか嫌いだとおもうので

悩ましいなあ.

自己愛激しいんだなあ..

どうすれば普通になるのかなあ...

自分が好きじゃない人から見下されるのが許せないんだと思う.

他人の目を気にしないで自分の目の前の仕事に集中できてないということか.

 

このまま死にたくないので

とりあえずD論とJournalを死ぬ気で書こうと思います.

一流の成果を産みたい!!!

そんで今度こそ私がバカじゃないってことを,

価値のある人間だってことを証明したい!(おそらく自分に証明したいのだろう.自信がないのだろう)

この性格は問題かもしれないけど

エネルギーっていつまでもあるもんじゃないんだなあ・・

とこれまでの人生の精神変遷を見てると思うし

すごい成果産んでる人って人格問題あったりするなあと思うので

この性格悪いゆえに生まれたエネルギーを使って

なんであれ一生懸命やって,いつかまともな性格になればいいかな・・・