読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

散歩

彼氏といても退屈極まりないので

スポーツカーに乗せてレインボーブリッジをかっとばし

なんかいい雰囲気のところにいってバラの花束をくれ!!

みんなそうしている!!

こんな状況において従順にしている私みたいな女はいない!!

しかも私がいつも運転している!!車もうちのやつだし!!

といったところ

だからさっき公園に連れて行ってあげたよ.

というではないですか.

突然近所の公園を調べ

運動しようということで

一緒に早歩きでいって帰ってきたのです.

公園には中学生のカップルがいちゃついていて

超しょぼいジメッとした公園だったのですぐ帰ったのですが・・・

あれは私へのサービスだったらしい・・・・

なんだそれ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

犬扱い!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

男友達の彼女が

海外リゾートで108本のバラとともにプロポーズされました♡

フェイスブックに投稿しており

ドヤ顔を必死でこらえて清楚な表情をした写りのいい写真を何枚かあげていて

イラっときました.

108本てなんですか?煩悩の数ですか?

と書き込みそうになるのをこらえるのが大変でした。

彼氏をタグ付けすることによって

私という他人にまでドヤ顔を見せつけるその根性!

この男は私のものでーす!!!というマーキング行為.

人間のメスとしての本能を存分に発揮しています.

ここまで野生的となると自宅の玄関ドアに肛門をなすりつけて

縄張りアピールくらいするのではないかと想像してしまいます.

もしくは清楚ぶりつつもものすごい性衝動に支配されているのではないでしょうか.

(しかし男性は見た目清楚だけど実はエロいのが好きなんですよね.知っています.)

自分の女友達に

私の彼氏ってすごい企業で,仲間内レベルでは無縁の偏差値帯の大学出身であることを

みせつけようとするその根性!!!

私はかわいくて魅力的だから選ばれてしまったの♪こんなにも愛されてね♪ハイクラスな女なの♪

と行間に書いてあります.

きたねえババアになるんだろうな!

披露宴でやりやがれ!!!披露宴でもうんざりだけどな!!!!

ああ・・・わかってます・・私がすさんでいるだけだというのは・・