読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

人を呪うと返ってくるような気がした話

人を呪うと返ってくるよ!

っていうじゃないですか.

それってただの道徳の教科書でしょ?

って思いますが,なんとなく怖くて人を呪わないものですよね.

ここんとことても気分よく過ごしてたんですが

今日突然鬱っぽくなって昔のこと思い出して涙がでてきた.

まずい・・まずい・・・

 

この前日

すっごい嫌いな人のこと思い出して

あー2chにでも書き込んでやりたい!!

本人がエゴサーチしたらわかるように書いてやって

傷つけてやりたい!!

ってすっごい思ったんですよね.

 

そんで思ったのが・・

そういう人の欠点とか目ざとく注目して

ほんとに傷つけてやろう・・

とする気持ちと

自分を傷つける気持ちって根が同じなのかもなと・・・

直接自分を傷つけやしないだろうけど

悪意が脳のどこかに残って

悪いほう悪いほうに転がっていくきっかけになるなと.

呪いってそういうものなのかもなーと・・

こうして自分に鬱となって帰ってくるんじゃないだろうか・・

 

その嫌いな人のこと思いだしてイラつくことそのものも鬱の予兆なのかもしれないけど

自分がいい気になって人を傷つけようとすることが

鬱スパイラルを推し進める一つの力のように思えた.

 

悪い気持ちでいると悪い霊がきて増幅されていくって

オカルトの人たちはいいますが

そう思っておくのはわかりやすい気がする.

霊が原因じゃなくとも,そういう機構はあると思う.

 

世の中低レベルな悪口がネットにあふれてて

ほんとにうんざりします.

だけどあの中に入っちゃいけないんだなあと.

ネットに限らず,精神をあの次元にしちゃいけないんだなあと.

そしたら鬱になってしまうんじゃないかな・・

と合理的な考え方じゃないかもしれないけど思った..

あんまりストレスフルなものは見ないようにしよう・・

昔の嫌いな人も,許すか,忘却しよう・・・

 

自分がいつかネットに死ぬほど悪口書かれたとしても

このこと覚えていればいいかもしれない.

匿名の奴らがいい気になって安全な立場から人を傷つけていると思いますが

それは決してうらやましい立場じゃないんだよなあと・・・

ネットの悪口ってよりか

私生活の人間関係もそうだよなあ.

気持ちのいい付き合いするようにしなきゃいけないよなあ.

 

結局漠然とした結論ですね.