Brunnensteinの日記

底辺アカデミアの日常

蜘蛛のはなし

f:id:Brunnenstein:20160827121717j:image

 

紫外線対策にブラインドを下していて,

窓際においたパソコンの隙間からちょっと外が見える状況.

夜になると蛍光灯の明かりに引き寄せられて

たくさんの虫がこの窓ガラスの狭い範囲に張り付くのですが,

さいきんちょうどそのエリアに二匹の蜘蛛の巣ができたんですよ.

うまい具合に窓の方向に沿って巣を張ってて

こりゃ考えてますな~と思った.(勘なんだろうけど・・

一応この写真にもゴマツブのように映ってますが視認できません.

 

昼間は蜘蛛いないんだけど

6,7時くらいになると現れて

昼間の風や台風などで傷んだ巣を

せっせせっせと張りなおしてるんですよね.

結構毎日張り替えてる印象です.

蜘蛛の巣ってボロ屋のイメージですが

蜘蛛にとっては努力の結晶であり,よくメンテしてるんだな~..と思ったり.

せっせせっせと超元気な感じに

癒されます・・・

室内にいたら気持ち悪いとおもうんだろうけど・・

窓ガラス越しなので許せる..

蛍光灯につられてやってきて,ひっかかった小さい虫を

ササっと丸めてゴソゴソしてました.

よく働きよく食べますわ~..

8時以降は,メンテされた巣の中心に鎮座してしてます.

なんかおもしろい.

行動のパターンが二匹で似ていて,なんかこの二匹は

つながりがあるのかな~?と思った.たまたまなのかな.

昼間なにしてるんだろ・・

自分の家にちゃんと戻ってきて生活してる感じが

魂を持って,頑張っているように見えます・・

虫なんて死ぬほど存在して,魂なんかなくて,沸いては消えるように思えるけど

虫は虫なりにそれぞれ,世界で唯一無二の人生送ってんだよな~と思える..

 

たった今死にかけで暴れる蝉が巣を横断して二つの巣がなくなってしまいました・・

苦労してんのね・・・

10時半以降再び巣を張りなおす気力があるのか気になるけど

私ももう帰りたい・・