読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

アカデミックか企業か

都内私大の助教の採用で二件目の面接呼ばれる.

まだ受かると決まったわけではないけどうれしい.

しかし彼氏と言い争いになる.

彼氏は企業に行ってほしいらしい.

これから幸せな人生送るなら絶対企業だという.

企業の魅力をとくとくと説明されて

大学なんてろくに研究できないと言ってくる.

なんか頭が混乱してきた・・・

親の言うこと聞いて進路選ぶのダサいと思うんだけど

彼氏の言うこと聞いて進路選ぶのもダサくないですか・・

いや,ダサいとかダサくないとかじゃなくて

そういうのって自分で決めるもんじゃないですか?

なんで気持ちよくきめさせてくんないのと.

こっちは最初は地方でもいいから大学に行きたかったのに

どうにか関東になるように努力してんじゃないのよ.

私の人生を決められるほど

お前は私に今まで何か与えてくれましたか??(愛??

人の気持ちなんて変わるのに,一生添い遂げられるかなんてわからんのに

なんで自分の仕事を言う通りにしなきゃなんないの.

あ~~~イライラする...

しかし企業に行きたくないのも私の思い込みとかこだわりもある可能性はあるし..

そして任期空けた時が確かに問題ではある...

ああいやだ・・

もう今週と再来週が面接です..