Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

公募面接2

某中堅私大の面接でした。

11時に開始でした。

住んでいるところから行くには、2時間半のようでした。

私は4時間前の高速バスに乗ったのですが

高速が渋滞でした。

しかも遅延などで電車も2つほど乗りきれず…

あのとき東海道線に停止信号さえ出ていなければ…

そして…

遅刻しました

死にたいです…

しにたいです…

 

つくばから東京に出るには

電車か高速バスがあるんです。

電車のばあい、家から駅までのバスがほとんどないんです。しかも駅に着いたら着いたで快速電車がなかなか来ないんです。

だから無駄にむっちゃ時間かかるんです。しかも高いんです。バス合わせると秋葉原まで1500円くらいかかります。

就活のときは2時間半前に出とけば流石に…と思ってたらバスの時刻表が変更になって減ってて遅刻しそうになったのに懲りてたんです。

一方高速バスは家の近くから乗れて、電車より安く東京駅までいけるんです。

しかも、駅までのバスと本数が同じくらいなんですよ。

家から東京駅まで登りは950円なんですよ!

しかも調子いいときは1時間くらいでつくんですよ!

そんで、高速バスが便利だってことに目覚めたばかりだったんですよね…

もちろんバスの不便な点は渋滞があることです。

だから渋滞を見越して4時間前に出たのに

まさか遅刻するなんて…

ただ早起きして4時間前に出るという

わたしには珍しく奇跡的にしっかりしてたんですよ。

三時間前にでてたら面接受けられなかったです。

そう思おう…

ていうかこういうときは電車が一番ですね…

バス調べて電車で行くか、車で駅近くに停めて電車でいこう…

 

そしてダッシュでキャンパスにいき、化け物のように汗をダクダクだして

表皮から体液をだす化け物と化しながら

面接をうけました。

 

そして

私の手書きの履歴書には

平成○○年

を書く欄が空白のまま提出されていたのです!!

ほんとバカすぎてびっくりです。

ほんと私はしっかりしてないんだなーと思いました。

神様が

コイツはとんでもないアホだから採用しないほうがいいぞ!!

と向こうの大学の先生達に警告しているのかもしれないと思いました。

もしくは教授達のご先祖様たちが

この女はクソだから気をつけて!!

あなたも理研の笹井先生みたいになるわよ!!

と念じてこのような結果になったのではないかと思うほどです。

 

先生たちは優しくて手応えもよかっただけに

落ちたら自分の不始末が悔やみきれません…

 

なんで遅刻したのか?

なんで履歴書にかいてないのか?

ということは聞かれました。

普通なら致命的で書類落ちだとのこと(*_*)

書類選考で物議になったといわれました(*_*)

万が一採用になったときを想像すると

やはり私はしっかりした人間ではないので

あいつ面接のときからクソだったのに

なぜ採用してしまったんだろう…

と思われるのは必須だと思えてドンヨリしました。

 

はー…

 

普通の面接についてはまあまあうまく答えた気がします。

というか好意的な先生たちでした。

あと、いままで散々発言の揚げ足を取られて苦言を言われる経験をしてきたので

やっとそういうのを回避するように気が回る境地にきたかもしれません。

学部時代の教員がほんとシビアだったんだけど

嫌われてるのを知れたのはよかったのかも。

しかしわたし一浪いちりゅうオーバードクターなんですよね。

遅刻と履歴書のミスに合わせて

一浪いちりゅうオーバードクターって…

まじだめな人じゃん…

いやだめな人なんだけど…

はーどうしてこうなのかしら

もう絶対絶対遅刻と書類ミスはしない!!

面接については企業就活みたいな要素もあり

企業で面接受けてきたのがよかったかもなーとおもった。

あと学振PDで研究計画かいたときの経験が役に立ちました。

しかしどうだろー(*_*)

結果のお知らせには時間がかかるかもしれないといわれたので

それってだめなのかなとおもった(*_*)

 

オーバードクターきまったとき

むかしの研究室の博士でた先輩に報告して

救いが欲しくて

いまの停滞感についても書いたんだけど

今さら返信をくれて

わたしもその停滞感をかんじたし

このさき研究者をやるなら一生ついてまわる

何度もなんどもその気持ちを味わうだろう。

うちの博士の学生も泣いている。

よく考えて進路選んだほうがいい。

と返信がきて

面接の不安と共にどっと疲れてしまい

夕方帰って寝たら悪夢を見ました…

卒業して環境が変わったら上手くやれるような希望もってたので…

停滞感を感じる人の意見をあまり聞く機会がなくて

やっぱいるんだなーとおもった。

でもこれを乗り越えたいとおもってる。

それが私の人生をかけた、わたしの精神性の課題だとおもう。

乗り越えたとき幸せに近づけるきがする。

昔はもっとクソ人間だったけど

苦しみながら徐々にまともになってきて、精神的にも安泰に近づいてきた気がするので

そんなかんじで、いつか乗り越える希望もちたい。

世の中停滞感なくやれる人もいるだろけど

みんなもそうなんだと思えば頑張れるかも?

 

f:id:Brunnenstein:20160916010220j:image

食欲なくてフラフラしつつご馳走食べて元気だそうと思って

東京駅で牡蠣三昧御前をたべてみたが

かなり普通でした…五百円引きだったんだけども高い。

東京駅は店たくさんあるけど微妙!!

探せばいいとこあんのかなあ…

牡蠣の栄養は取れたのでよかったということで…

寝て運動したら気分良くなる。

がんばろー…

落ちたら企業いく可能性高くなるけど…