読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

アカデミックの就活の礼儀?

内定もらった公募面接の結果の前に

書類をだしていた別の大学の公募の面接によばれる。

しかも早慶上理クラス

しかも東京どまんなか

しかも任期なし( 内定もらったとこは任期あり

こんなおいしいことはない…

わたしいま人生最大のモテ期なのかも…

 

でも既に内定を貰ってる場合

ことわって別の大学いくのはマナー違反だと言われたし( 去年面接に呼ばれた地方大の先生に言われた )

もう断るのこわいし

だけどすごいいい条件だし

断るの勿体なくて

すごいストレスをかんじている…

まあ分野が少し違うので面接で落ちる可能性たかいんですけど…

今年ずっと就職のことばっかでもうつかれた…

モテればいいってもんじゃないのね…

だけど今が私が高く売れる最後のときかもしれないと思って

もう焦るし…

 

その割に研究できないし
受かってもそのあとが心配でたまらないし
今日は胃癌になって入院する夢見て

夢の中の私は
やったあ研究室を正当な理由で休める〜!!

って思いながら
お陰様で胃癌になりました♪休みます。
とウキウキと研究室に一斉送信してた。

目覚めたとき
私って今の生活嫌いなんだな!

思ってショックだった。

いやだいやだ〜研究が嫌いな自分認めたくない〜…

研究室の心配をせずに長い休みとることなんて現実ではほとんどなかったけど

夢の中ではそれを望んでるかんじが新鮮だった。

そして目覚めたときの身体がすごいだるくて

自信をうしなった…チロキシンのんで二週間なのに…

夢の中では胃がんなのに超楽観的だったけど

実際胃がんになったら絶対ショックだとおもいますけど!