読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

さぼる

どんなにつらくても,なんかダルいからって理由で

サボるのだけはほとんどしたことがない.

なんかあって,遅刻しても,必ず行くことにしている.

 

しかし昨日はサボった.

先生がいないと実験させてもらえないのに

先生は出張入れまくるし

実験できる貴重な時間を

企業と共同研究してる後輩を優先させろと言われ

その子が実験すると私はできない.

ほかに論文読んだり,調べ物もなくはないけど

もうやんなっちゃった..

ほんとは忙しいのに,ハラハラしながら,役に立たない論文

一生懸命よんで,苦手な数式解読しても,自分の研究に全然役にたたなくて

ずっとずっと研究室にいるのに,ぜんぜん進んでいる手ごたえなくて・・

もうやだ!!!!!!!!!!!!!!

一日くらい休ませろ!!!!!!!!!!!!!!

たまった家事をして,銭湯にいった.

羽毛布団も洗って,乾燥機にかけたりした..

こういうこと先生は全部奥さんがやってるのにね・・

一人暮らしの学生に土日も平日も毎日来いなんておかしいよね・・

しかし,私の休みってこんなもんなんだ.

ほしいものないし,

遊ぶことにもあんま興味ないし

いくら漫画や映画見たって,幸せになれないなって思うし

そもそもお金もないし

これでD論までなくなったら死んじゃうのかもな.

筋肉つけてお金稼げれば少しは元気になるのかなあ・・

 いまもし博士論文の義務が全部なくなっても 別にほかにしたいことってないんだよね・・・

新しい別の何かを始めても,きっとまた今みたいな悩みにぶつかるんだろうし.

才能がないだけかもしれんけど.

サボったその時だけは幸せだった.

 

研究室に車でむかって,駐車場にとめたときに

そこから車の中で動けなくなってしまったりと

ぼーっとして何もできない時間帯が増えてきてて

これはよくない兆候だと思った.

こういう人に案外人は気づくらしく,

通りすがりの業者さんに,何をしているのか聞かれた.

去年の今頃はこの状態がもっとひどいかんじになったのだった.

 

次の日になったら,ぜんぜん幸せじゃなかった..

でも少しはダルイのよくなってるのかも.

とにかくやるしかないといっても

手足を奪われているかんじなんですが・・

それなのに,こいつは何をやっているのかと監視されている感じがする.

あ~気持ち悪い.

私もいけないのかなあ.

指導教官も私も,

ネチネチしたメス気質同士で,停滞した関係って感じ.

とりあえず実験結果は逐一報告するようにはしてるけど・・

 

なにかすべきことが定まれば,無心で,コンコンと作業を進めて

その作業が終わったときに,

よし,やったぞ,と思える.

その状態があれば,私は大丈夫だと思える.

そろそろちゃんと実験させてもらえるようになれば,

大丈夫なはず..

 

私は論文読んでもほとんど役に立たなくて悩んでいた.

しかし,それだけ独立性の高いテーマなんですよね.

人気のある既存のテーマを発展させて,重要な研究するのって難しいから,

誰ともかぶらないのは,一応利点ではあるんだよね.

誰も目をつけていないものを,発展させて,価値を生み出し,

自分だけの城を作らなきゃならない.

そんなことできる自信あんまないけど・・

でもこれを理解するために,勉強すべきことが,わからなくて

やろうにも,5つの大海原をボートでさまよっているようで

いつも戸惑っている.