Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

彼氏に言われたひどいことを忘れてしまう

私は誰かに言われたひどい一言を忘れないことにかけては

けっこう自信がある.

むしろ当人に悪気がなかったとしても

発言や表情,空気の意味や意図を曲解し,深読みし,

ああ,この人はそういうひどい人なのね!

と思って忘れない,けっこう面倒な気質である.

自分が上司になるなら,そういうところを意識して改善しないといけない.

特に母親や指導教官のひどい発言をいつまでも忘れなかったりしてつらい.

 

しかし,彼氏に言われたひどいことを,なんか忘れてしまう.

わあひどい!ひどい!!

と思って泣いていても

なんか最近1時間後くらいには忘れて仲直りしてる.

日記を読み返してみると

あれ!?こんなひどいこと言ってたの!?

こんなこという人とうまくやれる気がしない!!!

と思うんだけど,なんかすぐ忘れてしまう.

昔付き合ってたひどい人については

モヤモヤがずっと付きまとって,嫌な気持ちが頭から離れなくて大変だったけど

今の彼氏に関しては

そのとき限りモヤっとするけど,頑張らないとキープできない.

これは一体何なんだろう・・・

基本的な部分では愛されている自信があるから忘れてしまうのかもしれない.

あとは彼氏は比較的なんでも本音で話すから,ムカつく事項が単純明快で済む.

本音で話さない人が,ちょっと漏らした薄暗い本音は

私の根暗な深読み的性格にとって,しばらく後を引く.

うわべの感じのいいところを信じたいのに,そうじゃなかったときの裏切られたかんじが

すごいインパクトとなり,ずっとそのことを考えているうちにトラウマになっていく・・・

この点で,彼氏とはやっぱ相性が良いのか?と思う.

しかし,むかつくことをすぐ忘れてしまうので

問題解決が遅れる気がする・・

ほんとに私を仕事を適当にやって家庭に入る女にしたがってるのが困る.

才能なんて無いといってくるし

結婚をエサに,自分の思い通りの進路を選ばせようとしてくるのもムカツク.

ろくな彼氏でもないくせに,これ以上私を下に見た行動をするのかと思うと

ムッカアアアアとした.

見切りをつけて,なんか婚活したほうがいいのかもしれないと

たまに思うんだけど

ムカつきが長続きしないし,

ムカついてないときはやっぱ一緒にいるとホンワカするので

婚活する気力と,別れる気力に結びつかない・・

やっぱ私に合う希少な人なのだとは思ってしまう・・

 

いやな気持を消す技術,などの本を読みすぎた結果なのだろうか・・・・

あと博士生活の中で、問題すべてに注力して消耗しないように

脳が変化してしまったのかも…