Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

なんか怖い人

なんか怖い人っていますよね.

新しく入ってきた事務の人が,別に問題発言などはないのに

怖いといわれています.

ピリっとした空気があって,なんか話しかけづらい.

話しかけても,反応が悪い.

本人がどういうつもりなのかは不明だけど

もしかしたらシャイなだけかもしれない.

うまく外ヅラをよくできないのかもしれないけど

結構感じ悪いなあ...プライド高そうだなあ・・と思えてしまう.

 

私も自覚なく,あまり人に話しかけなかったり

嫌なことが続いて,研究室なんかクソだ!先生くそだ!!

と思っていた時があって,

だけど静かに作業してれば誰も何も思わないハズだと思ってたんだけど

そういうネガティブな雰囲気って実はでてて,

みんな感じているのかもなあ...と思いました..

 

誰かの一言で

ああ,この人若い女の子に嫉妬してんだなあ・・

とか一発でわかることってあるじゃないですか・・

本人はばれているつもりないのかもしれないけど

思ってるより全然,誰かがどんな考え方なのかって

ちょっと会話すればすっごいわかるんですよね・・

(うまく隠す人もぼちぼちいますけども.それは自分の嫉妬心等を認識して

 隠すために意識を払える人だと思う.嫉妬心がみっともないと思える段階に

 達してない人は,意識を払えないから,バレる.)

そう思うと怖いなあ.

それが怖いと思ってる人は,全然本音を話さないで

ビジネスな会話しかしないわけだけど

それはそれで不気味で,すごい距離を感じるんだよねえ.

むずかしい!!

もし嫉妬してるなら,それを自分で認めてしまって,

そのうえで,発言すべきだと思う.

自分の嫉妬心を認めないと

嫉妬って,相手の悪いところにしか注目できない.

ほんとは相手のことそんな好きじゃないと思ってるのに

ちょっと嫌味っぽい気持ちがあるのに

そういう自分のいやな気持ちをよく認識せずに発言すると

絶対に嫌われるというか,いい関係にはなれないなあと思います.

だから自分が善人なつもりの人が特に,すごい破壊力のあることをいう気がする.

別に仲良くなんかならなくていいのかもしれないけど

職場とか女子会とか,

ストレスフリーにやるには,そういう負の感情なくしていきたいよね・・