Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

研究鬱対策1 早く帰る

研究室にいると鬱になる人が頻発します.

鬱になると,自分が納得いく努力できなくなりますので

もう自分は向いてないんだな,と思ってやめてしまう人が多いです.

頑張ってもできないなら仕方ないけど

頑張れない自分は,怠け者だ,許せないと思ってしまいます.

私もその寸前まで行きましたが,やめる勇気がなかったせいで

だらだら研究室に居続けました.そのうちに,どうにか鬱じゃなくなりました.

 

誰よりも働こうと思わない

睡眠時間2時間で,俺TSUEEEEE!!!ってやる人が,必ず一人は研究室にいます.

教授がそうだと大変です.

プライドが高い人,新世界のアインシュタインになるという決意がある人は

こういう人たちに負けたくないと思ってしまいやすいため

長時間研究室にいることになりやすいです.

 

俺TSUEEEEEE!! まじ今週鬼畜っすわ(笑)グロッキーですわ(笑).

なんてナルシスティックに思えているうちは全くかまいませんが,

ふつうは2,3年もすれば,徹夜が楽しいと思える人は少ないです.

その時に,昔はもっと頑張っていたのだから,徹夜くらい軽くやらなければ!

と思ってはいけません.

これが基本的に転落の始まりと考えてよいでしょう.

毎日16時間研究室にいるようになったとして,16時間ずっと集中なんてできません.

どんどん作業は散漫になっているはずです.

きょうもどうせ深夜2時までやるから・・と無意識下に思ってしまうので,

スタートダッシュをするのが怖くなります.

本領を発揮せずにノロノロと作業をすることになります.

これは最悪です.

 

めちゃくちゃクソ楽しくてしょうがないというなら2時間睡眠でも

全然オッケーですが,あなたがD2だというのなら,

基本的にそんなはずはありません.

クソ楽しいですけど?という人がいたら,妬ましいです!殺しに行きます!

死ぬまでそうやって過ごせるスゴイ人もいるのかもしれませんが

最近鬱気味だという人は,そういう人生を即刻あきらめて方向転換しなきゃいけません.

研究室に配属されたてでハイなM1やB4と張り合う必要は全くありません.

奴らは人生のボーナスステージにいるだけです.

沢山残って偉いね,と言ってあげて先輩は帰宅しましょう.

それが数年後の後輩のためでもあります.

 

やべえよ・・なんか頑張らなきゃいけないよ・・・

みたいな悲壮的な気持ちなら,絶対に早く帰ってください.

毎日7時間は寝てください.

毎日7時くらいには帰る人をみて

あいつ早いよなあw

いいよなあww

彼女とチチクリ合いでもするんすかねwww

なんていう雰囲気ではありませんか?

そんな雰囲気は,クソです!!!!!!!!!!!!!!!!!!

朝9時にきて,7時に帰れば滞在時間10時間です.

昼12時にきて,深夜1時に帰る人は,滞在時間13時間です.

時間にして,たった3時間しか変わりません.

毎日9時間滞在の人がいたとして,この世にはその二倍以上滞在する人なんてそうそういません.

どんなにワーカホリックでも,平均的な人の二倍以下の時間しか使えないのです.

18時間滞在してる人が,ずっと集中していられるわけないです.

短時間に2倍集中する,3倍集中することのほうがずっといいんです.

楽しくもないのにやたら長いこといる,それが習慣になってる人は,

毎日3時間程度は余裕で無為に過ごしていることが多いのです.

ついネットを見たり,おしゃべりしたり,生協行こうぜ~☆してるものなのです.

研究室に気の合う同期がいて,楽しいならいいと思いますけど!!!

そういう研究室生活もあると思いますけど!!

楽しくないなら,即刻帰るべきです!!!

本当に密度を上げようと思えば,ダラダラ残業派の3時間なんぞ結構余裕で埋められます.

(異常者を除く)

一日が24時間であることを受け入れましょう.

そして,1日でできることは大したことないことを受け入れましょう.

7時間,毎日集中できたら,十分です.

アインシュタインでさえ,10時間寝ていたと言われているのです!!!!

(ほんとか知らんけど)

鬱になった人は,1日1時間も集中できないかもしれません.

なのに,毎日14時間集中しようとしています.

これまでの遅れを取り戻そうとして,毎日14時間残ります.

今日でものすごい進捗を得ようとしています.

一日の終わりはクタクタでなくてはいけないと思っています.

だから深夜二時まで残ります.

そうしていくうちに,頭がもうろうとしてきて,

作業ができなくなっていきます!!!!

自分が進歩していないという感覚が積み重なり

自尊心が壊滅的に奪われます.

ミスが多発し,怒られ,自信を失い,さらに深夜まで残って,悪循環となります.

不登校PTSDにもなりかねません.

深夜に帰るので,洗濯や家事もたまっていきます.

私は髪を洗うのとか,歯を磨く時間もないように感じていて

みだしなみがどんどんひどくなっていきました・・・

当時は,ほんとに忙しくて,お風呂に入れない!と思ってたんです.

信じられない.病気なかんじです.

お風呂に入らない,最低限の生活のことをおろそかにするようになると

どんどん自律神経が乱れてきます.

うつ病の人はお風呂に入れないとたまに聞きますよね.

私は貴重品をなくすタイプではないのですが

症状がひどかったこのとき,

クレジット機能つきオートチャージスイカを3回紛失し,

スマホを2回紛失して,彼氏に呆れられました.(全部でてきた)

自分でも信じられないくらい,痴呆のようなかんじになってきます.

この状態で研究なんかできません・・・

 

鬱になる人は(ここでは新型うつを指す.大鬱とは別.)

頑張って成果が出る前に自分を甘やかしてはいけないと思っています.

今日は6時とか7時に帰りましょう.

おすすめは,銭湯です!!!一押しです!!!

もっと早く銭湯通ってればよかったー!!!って思ってます.

鬱気味な人は特に,自律神経が整うのを実感できるでしょう.

家では洗髪するのが億劫な人も,銭湯ならする気になるでしょう.

おすすめは水風呂とサウナです.

銭湯からあがると,朦朧感と,焦燥感が多少おちついているはずです.

いつも嫌々やってる洗髪を,気持ちよくやれたぞ,と思えるかもしれません.

それが自信につながります.

ほんと,小さなことを自信にしなきゃ,いけないです.

これを試し読みしたら,サウナに行きたくなりますヨ!!

morning.moae.jp

そして好きなものを食べて,

運動して

GEOなどで漫画を借りて

12時までに寝ましょう.

研究室で6,7時間だけ頑張る,(最初は1時間からでもいい)

そして早く帰る!

これを1か月つづければ,

けっこうよくなること間違いなしです.

だんだん頑張れる時間が伸びてくるはず!!!

 

これしかやってない・・と思いながら無為な時間を過ごす人が鬱になり

こんなにやってる!こんなにできちゃった!と思う人が

楽しく仕事できる気がします.

労働時間というよりか,その時の自分の充実感が大切なのではないかと.

だから16時間働いて鬱になる人もいれば

16時間働いてもバリバリ元気な人もいるのかなあと.

もう毎日1時間もまともに頑張れないから,これから一生

〇〇先生みたいな仕事中毒の人には勝てないんだ・・・

と思ってしまいますが,

休息を多めにとって,少しずつ集中できる時間が増やし

私は,今日これだけ進歩した!という感覚を大切にしていくと

そのうち頑張るのが苦痛じゃなくなっていって

昔,俺TSUEEEEEE!!!って思ってた頃の気力に到達できる気がします.

私は,最近,戻りました!!!

いつまでキープできるかわからんけど!!

でも,無駄な徹夜はもうしません!!!!