読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

神様は責任をとる?

うちの親の占いでの変わったことを書きたいと思います.

占いをしていると

神様は責任を取るのでは・・?

と思われることがあるらしい.

いろいろ複雑な事件が起きるのですが,ここでは単純かつ

個人が特定できない件について.

 

ある女性が相談にきて,彼氏と別れたいということだった.

家では暴力を振られたり,ひどい束縛をされていた.

別れたいといったところ,彼氏は暴力団とつながりがあって,

お前なんかいつでも殺せる,別れることは許さない,

と言われていて,女性は恐怖でやせ細り,どうすれば別れられますか,

ということだった.

まさしく桶川のストーカー殺人を彷彿とさせる状況で

いつ殺されてもおかしくないと思っているようだった.

そこで母は,

 

あなたはたくさん美人の友達がいるから,その子たちに頼んで

〇月〇日に彼氏を交えて飲み会を開いてチヤホヤしてあげなさい.

そして19時にその会を終わらせなさい.そうしたら変わったことがおきますよ.

 

と自信満々にいったらしい.

普段母はそんな自信満々でこんなリスキーな謎めいた回答をしないのだが

このときはなぜか口が勝手に喋っていたらしい.

  

相談者の女性がそのとおりにしたところ,

彼氏は家に携帯電話を忘れたらしい.

いつも携帯電話を肌身離さず,お風呂の時も絶対に見られないように

対策していた人だったのに,美人にチヤホヤされて酔っぱらって

はじめて家に携帯を忘れてしまった.

その19時5分に,彼氏の携帯に電話がかかってきたらしい.

相談者の女性が,これは出なきゃいけない電話だと思って出たところ

発信者は女性で,アンタは誰だと怒った様子だった.

私はこの男と付き合っていて,別れたいのに別れられないのだと

涙ながらに訴えたところ,

そのしばらく後に彼氏が真っ青になって帰ってきて,

別れを了承してくれたのだと.

携帯にかけてきた女性は,暴力団の女性で,

男は同時並行で付き合っていたため,浮気がバレて悲惨なことに

なったということらしい・・・・

 

偶然かもしれないけど

神様は信じる人を助けてくれるのではないか・・・

神様は責任をとってくれるのではないか・・・・

と少し思ってしまいますヨネ.

このほかにもいろいろエピソードがあるので

書きやすそうな内容があれば記録したいと思います.

 

占い師をしていると思うのは

みんな実は苦労してんだな~~~~~

ということですね.そういう人が集まってきてしまうんですけど..