読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

女子校のいいとこ悪いとこ

私は中高女子校だった.そのあと理系大,理系大学院にきて思ったことを・・

 

女子校のメリット

・男がいないので,自立できる.

 男がいると,男を意識するようになってしまう.このため女は地図が読めない,など,世間一般に言われる価値観に 無意識のうちに影響され,自分の能力をいかんなく発揮しづらく なる人がいるように思う.男を立てることこそモテる要素でもあるので,自分が真に上を目指して上り詰めようとする意識が失われやすい.

 共学では男がリーダーシップを取りやすい.女がリーダーシップを発揮するとモテなくなってしまう危惧があるため,女子が先導を切って何かするというチャンスが減ってしまう.女子学校では可愛くてモテるから許される,ということがないため,真摯に何かに取り組める.ブスな人も,極端に卑屈にならずに過ごせる.気が強いボス猿気質ほどスクールカーストが上がるため,自然と野生で戦う意識が身につく.女子校では,美人でも大人しければ存在感はない.

 モテを意識しないので,自分がしたいようにできる.イケてるかが大切になりがちな思春期では,モテはかなり重要な要素になるので,異性の目がないことで,自分という個性を大切にしやすい.女子校の友達は,共学に比べてかなり我が道を行っている人が多い.しかし,婚期も遅い.

 

デメリット

卒業した後の,男との関係

女というのは,特に女子校に行くような家庭環境の思春期の女というのは,本当に他人に興味がない.自分にしか興味がなく,友人は自分というお姫様の青春を演出するモブキャラだとさえ思っている.このため,学校生活は上滑りの人間関係であり,バカメスガキに振り回される,比較的むなしいものである.(もちろん人にもよる)

この状態が続いた後,男性と知り合って,その男性が発情してあれこれとチヤホヤしてくるようになった時の衝撃は計り知れないものがある.これまで誰も自分を見てくれないむなしい人間関係からの,私だけ見てくれる男によるチヤホヤによって彼女は舞い上がりまくる.これは共学も同じかもしれないが,こういう仕組みによって,家庭環境が悪いほど早すぎる性行為をしてしまう.男の性欲を現実視する機会が女子高では少ないので,誰かに狙われた時のリスクが高い.この舞い上がり状態は共学出身の女子からはかなり痛々しく見えるし,いろいろと失敗もしてしまう.

女子校にいたときは自意識を感じさせない人も,私,いい女だったのね!!と,突然目覚めてしまって,久しぶりに会った人が様変わりしていることがある.女子中高だけではなく女子大の後,女子の職場なんかいってしまうと,自分で考えて行動できない引っ込み思案な人は,ちょっとやばい雰囲気になりがちです.