読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

オーバードクターの経済状況

3年生までに学振のお金をあまり贅沢に使わず

120万円貯めました.(DC1とってオーバードクターする人いんのか?)

収入240万*3年=720万

引っ越し関係の初期費用と退去費用=20万くらい

家賃6万*36か月=216万

光熱費1万*36か月=36万

食費3万*36か月=108万

学費25万*3年=75万

税金など=30万くらい

夏休みと春休みにそれぞれ一泊旅行3万*2×3年=20万くらい

あれこうなると210万くらい貯まっててもおかしくないんですが

3年間で100万円くらいは交遊やら雑費に使いますよねそりゃー!

そんな,上のカテゴリに収まらない出費たくさんありますわ!!

キラキラおしゃれOL的な贅沢さはないけどカツカツでもない生活でした.

 

というわけで,普通の学生生活を享受させていただいた学振さんが

くれたお給料ののこり,120万円で4年生を生き残ることになったのです.

まあ家賃6万+光熱費1万+食費3万が12か月ってだけで終わりますから

120万じゃ無理ですよね.

 

しかし4年から運よく,研究所の宿舎にはいれて家賃光熱費がかなり抑えられました.

それでもまじでギリギリでした.現在銀行残高37万ですが

しょうじき親が心配して秋から月におこずかいを数万くれていて

かつ大学の博士救済措置で月5万を半年もらってこれなので

かなりギリギリです.あぶね~~~~~

思ったよりお金のこらなくて驚き・・

授業料免除にならず,50万円落とされましたからね.

50万円て・・・やべえ・・

50万払って大学が私に何をしてくれたというのか・・

私立は100万以上ですからね・・やばスギイ!!

そして住民税と保険料で10万程度・・

貯金だけなら60万円,博士の救済金を考えれば90万で

1年生活するということですね.やばいですよねそりゃあ.

カツカツですよ!!まあ当然贅沢はしなかった!!

最初は9月終了するつもりだったんだけど.

 

非常勤講師でもやろうかと思ったんですが

博士取れなくなるかもしれんぞと先生にとめられました.

 

大学の救済措置がなかったら今頃貯金7万ってことでスヨ?

やばくないですか!?

親のお小遣いがなかったら完全マイナス!!

研究所の宿舎は激安で済んだのですが,

普通の一人暮らしではバイトなしじゃ生き残れません!!!!

私は研究所という特殊環境だったのですが

大学でやってる人にはTA制度などを利用するのが良いかもですね.

実家から通えるならさておき!!

こういう状況もあって博士やめていく人が多いんでしょうね・・

ほんとオーバードクターなってもどうにかなったのは幸運だったのかも・・

バイトもせずに研究室ヤダヤダゆってんのが屑に思えてきますね・・

でも博士奨学金も借りれませんし.(借りれるの・・?)

とにもかくにも親が頼りですね・・情けない・・

結論

オーバードクターになったら実家から通うか

親が金持ちで説得できないと詰みます!!

医学部でもない限りろくなバイトないし!!

というか,うつ病発症すると終わるといったほうが正しい.

鬱になるまえに自分の潜在意識を癒すにはどーしたらいいのか

対策しないといけません.

ごちゅうい!!

 

はあ・・3年までにためた130万円・・

自分の好きなものに使うつもりだったのにな・・

なんて,まあ生き残れただけでも超幸運です・・

しかし4年間あんまお金つかわなかったけどそれなりに幸せに生きれるもんですね.

サプリ代と本代と食費はそこまでケチらなかったので

やろうと思えばもう少し捻出できたかと思います.

 

四月からちゃんと働けるのかな・・

なんて思いますが,今年の収入の10倍以上(予想)もらえて

授業料も払わないで研究できるわけですよね・・

そりゃあ頑張りますわ・・・

 

学部四年で就職する人たちは

あーあ学生もおわりかあ☆

私も修士or博士,いっとけばよかったかなあ☆

なんてメランコリックになったりするこの季節ですが,

断言する!!!!30まで学生よりは,いい!!!!!