読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

来年度の引継ぎ

4月からもう授業が始まるのに3月までなにもしないということはないらしく

引継ぎによばれる.

すでに先生とよばれる!

塾講師の時も占いのバイトのときも先生と呼ばれていたので

あんま特別なことだとはおもわなかったのですが

世の中先生と呼ばれることに喜びを見出す文化があるみたいで

わたしもその影響をうけてしまったのかちょっとうれしい

 

中高の時,若い女の先生がいたのだが

結構みんなから嫌われていたのに,本人はお嬢様意識の高いナルシストで

こんな天然でおっちょこちょいな私が先生と呼ばれていることを家族は,信じられないっていうんです♡

と繰り返し話していて

よほど若くて可愛い私が先生って呼ばれていることに

陶酔してるんだな~~~という印象だった.

(別に全然可愛くないんだけどブスではないというかんじで

 我々にとっては当時十分おばさんに見えてた)

わたしもあれにならないように気を付けなくては・・

 

なんで男の子ってみんなエンジンとかやたら詳しいのかなと思ってたんだけど

機械科ってそういうの授業でならうのね・・

土木よりぜんぜんたのしいな・・