読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

お給料

お給料が今日わかった

安い気がする…

まあいままで学費払って研究奴隷やって

今年は貯金食い潰してたことをおもえば

かなり有難い…

学振の2倍近くはあるといっておこう…

でもここから更に税金とられるからなー!!!

まあ四月からは実家だから家賃分もうけだと思えば…

つい?○年前までイベントコンパニオンをやってたときは

朝5時起きして9時くらいまでやって

疲労困憊して

一万五千円くらいもらって喜んでたわけだが

それよりも日給換算すると高いわけで!!!

いやーアルバイトって大変すぎるよね…

ほんと、自分で稼ぐってたいへんなことだ〜

お金貰うからには今までよりも更に一生懸命働かなきゃね。

ほぼPDクラスですね。ボーナスでないし!!

新人の助手と助教しかいない空間だったのだが

明らかに見た目がおじさんというか

40、50代にみえるひとが結構いておどろき。単に老け顔たのだろうか。

あの人たちも私と同じような給料なのか?!

夢がない世界…

最終面接で落とされた石油会社いってたら

いくらもらえたんだろう…

私はバイト以外は学振でしか給料もらったことがないので

雇用保険もってなかったのだが

雇用保険番号は?番号は??

と聞かれて、卒業後即助教ってパターンそんな多くないのかなー…

隣の席の人も職歴欄がすごいたくさん埋まっていた…

私の専攻には博士在学生がそのまま助手採用、助教採用になってるひとが何人かいて

そういう生ぬるく若い人をコネ採用する大学なのかなーと思っていたのだが

そうでもないのだろうか…

うちの母校も全然できない博士がそのまま助教なってるの何人かいて

下手に東大いくより

偏差値低めの大学行って教授に気に入られたほうがアカデミックに有利なのかもわからんと思った。

まあそんなこと見越して行動できませんけどね…

とにかく人間関係大切ですね。

 

私の勤務キャンパスとは違うのだが

本部のキャンパスが東京のど真ん中にあるので

久しぶりに平日昼間の東京だったわけだが

土日ならゴミゴミになる店が余裕で座れて

うわー!そういえば東京も平日昼間はこうなんだったよなー!!

このキャンパスに通う女子大生は幸せなんだろなーーー

とおもいました。