Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

引越し

f:id:Brunnenstein:20170326154235j:image

引越しのついでだと

いろいろものを捨てますね。

これは、奈良に学会にいったときにかった

まほろば大仏プリンの空き瓶。

瓶もカワイくて二度美味しい!一押しのお土産としてオススメされてて

わたしも、こりゃあいい!!!

と思って買ったわけです。

880円で、めちゃめちゃ大容量のプリンだったのです。家族で食べられるような。

その後もこれでレモネードを作ったり

ドライトマトつくって、オリーブオイル漬けにして

活用してたんですけど…

なんか最近つかってなかったし…

なんか…捨てるとは思ってなかったんだけど…

わざわざ実家に持ってくほどのものではないなーと…

これからさいたまの実家にいって

そのあと横浜の実家にいって

そのあと結婚したら、新居にまでもってって

その手間を厭わないほどわたしはこの瓶を愛しているのかなって、、

手間も燃料代もかかるわけです…

結婚したとき、気まぐれでもってかなったとしたら

実家の棚のおくで、いつまでもいつまでも

じっとりと放置されるのが想像できる。

もうそんな必需品ってほどじゃないなわ、

なんか…捨ててもいいかなっておもえて…

捨てようかとおもいます。。

そういうさみしい思いをしながら捨てるものが結構ありますねー

短い間だったけど

いままで私の所有物として人生を共にしてくれてありがとー!!

宇宙の中をずっとずっと循環して存在し続けてる元素たちを借りて

いきてるんですね…(何

また、別のガラス製品に生まれ変わってくれよな!!