読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brunnensteinの日記

後期吐死課程を経て春から大学教員デビューの日常

給料やすい!

給料が安いとおもいます.

いやこれまでの生活をおもえばウハウハですし

アルバイトしてた時を思えば,

こんな仕事でこんだけもらえんなんて

ほんとすごいなと思うんですが.

博士の時は学費払って交通費払って家賃払って

研究室で奴隷やってたわけですし.

性奴隷にさえしてこようとしたし.

ローマ帝国の奴隷だって,学費と交通費と家賃は払っていなかったでしょう.

今は研究室の奴隷活動が軽くなって,それで自分で金銭負担なくて

おかね貰えるわけですからね!!!!!!!!!!!!

 

しかし

国立大助教とか

国立研究所の友人のほうが

月に10万以上給料が高い!!

しかも国立研究所の友人は残業代でるらしいんですよ.

意味わからん.

 

どういうことなん!!!!!

私立のほうが高いっていうのに!!!

教授になってからは私立のほうが高いのだろうか・・・

く,くやし~~

うち家賃補助もでませんし~!

国立大の人は家賃補助ももらってるようす.

たまたま奴らが勝ち組なのだろうか・・・

 

私のお給料を前の指導教官に話したら

そんなもんだし,国立のほうが低いって言ってたのに.

まじ給料の話って信用できない・・・