Brunnensteinの日記

底辺アカデミアの日常

アフター19

研究者なのにこんなことしてていいのか甚だ疑問なのだが

きのうは仕事帰りに車で高〇山につれていかれる

あ~~・・・

なんか・・・・

ときめいてしまうかも・・・

山中の誰もいないところで手をつなぐ以外のことはしてこないところも

ときめきますね・・・・・・・・・・・

あと手のかんじが好きかもしれない・・・・・・・・・・

もっともっと条件のいい人を婚活やお見合いで選んだり

もっと仕事を有利にするような結婚をする人も世の中にはいるのに

相手の親の財産でウハウハな女もたくさんいるのに

この人はそういうメリットゼロだし,むしろ不安点が死ぬほどあるのに

ほんとにいいのかなあ・・・

わたしの30オーバーの時間をこの人につかってしまって・・

と不安になるのですが

こういう考え方てどうなんですかね人間としてね.

条件がいい人が現れたら現れたで,

きっと私の人生は愛を犠牲にしたのだとか思い始めるのかもしれんよね・・

それにお見合いがしたくなくてしたくなくて

うつ状態だったんですもの..この前まで.

愛に包まれたような

ふわふわした気持ちにさせてくれて

これって本物なのかなってずっと疑ってたんですが

もしかしたら少しは本物な気がして,こんなことってあるのかなあと思った.

 

何も食べずに家に23時頃かえって

ゴハンたべたんだけど

ポテトサラダが異様においしく感じられてびっくり!!!!

あと巨峰などもいつもの5倍美味しくかんじられた.

ほんと,こんなにおいしいものがある世界で幸せ!!!

いや~お腹はすかせなきゃいけませんねえ!!!