Brunnensteinの日記

底辺アカデミアの日常@ババア遷移領域

一晩過ごす

金曜にごはんたべたら

いつものように

いかにわたしが好きで将来どうしようと思ってることかを語られて

もう帰ろうという別れ際に

すごいソワソワモジモジしはじめて

意を決したように

もう気持ちが抑えられない

私はあなたを抱きたいしキスがしたい

だから二人になりたいんだけど,いいですか,,

ということで,家に呼ばれる。

まあ今まで頑張ってくれたし

すごい切実なかんじだし、

こんな切実に言われたことってあるか?って思うし

女は愛されたほうがいいっていうし

今まで死ぬほどプラトニックだったから信用できそうだし

目をギラつかせながら、なんもしないから!と言ってとにかく家に呼ぼうとする人が多い中

恥ずかしそうに、キスがしたいから2人になりたいとハッキリ言ってくれるのは

なんか誠実な気がした。

この意を決してくれてる感が

私としては嬉しかった。

チューくらいいいか…と思った。

相手はものすごいテンパってていたたまれなかった。

なんかすごいバタバタキョドキョドしてて

水零したり物落としたり

カッコ悪くて恥ずかしいだろうに

それでもなおチューがしたいのかーー…

私なんかと!!

と思った。

しかし!

チューだけでは済まなかったのだった…

抱きたいと言われた時

えっ

と思ったのだが、そのあとに

キスがしたい

と言われたので、そういう意味じゃないかと思った。

抱きしめるだけかとおもた…

相手があまりにテンパってるせいなのか

わたしは意外と冷静で

これをきっかけに相手にメロメロになって

言いなりになるかんじではなかったし

相手の気持ちがものすごいことになってて

なんか怖いので

これをきっかけに

少しでも冷静になってくれればいいかと思って

まあいいかと思ったが

思ったより猛烈に私が好きらしくて

こんな風になったのは初めてだ、自分が怖い、もっと冷静にならないと怖いよね、涙が出そうだ、などと言っており(嘘かもしれんけど

これはなんなのか…思い込みがやばい人なのではなかろうか…

チャラ男かと思ってたんだけど…

それとも日本人じゃないとこうなんだろうか。

こういう熱烈な性格だから敢えてクールを装っていたようだ。

朝までずーーーっと

ニヤニヤしながらわたしの顔みておしゃべりしてて

ずーーっとチューしてして

わたしの顔などをいじってきて

私が寝そうになるとゆすってきて

子猫が可愛がられすぎて

衰弱する気持ちがわかった…

大変衰弱した…

すっごい褒めてもらったんですけどね…

これが、熱烈なラブラブ状態ってやつなのかーー…と。

いままで敬語で職場のテンションで会話してたんだけど

急にタメ口になって

チューするかんじもなんか気持ち悪いし

恋人仕様の喋り方になって語尾が変だし

ちょっとエッチなことを言ってくるようになったら

なんか、、気持ち悪い、、おじさんっぽい、、

と思えてしまいました、、

いやあそうかー…愛されりゃいいってもんじゃないのかーー

そもそもこれは愛なのか?!という問題もありますしね。

わたしの都合や疲れを考えずに

気持ちを押し出してくるとことか

他にも問題的な行動があって

こりゃ長い付き合いにはならんなあと思って

急に冷めたところがある。同じ職場なのに。

好きだけど、ちゃんと付き合える気がしない!

と伝えたら

びっくりするほど狼狽えてて

あなたのためなら何でも直すからいってほしい

これからは絶対に疲れさせない

大切にする

と繰り返しいわれる。

うーーーん

貞操観念だけは誰にも負けない私でしたが

すこし大人になりました…

土曜は疲れ切ってしまったし

この人とこれから大丈夫かなあと思えて

ずっと寝てた。