Brunnensteinの日記

底辺アカデミアの日常@ババア遷移領域

元スタバ店員が教える本当においしい家カフェオレの淹れ方 1

私は昔スタバでバイトをしていたんです.

 

スタバにはコーヒーの味がやたらとわかる

コーヒー分解能の高い舌を持った人たちがいます.

そういう人が出世するシステムになっています.

私はそういう分解能は持っていません.

そもそも一日中コーヒーと付き合ってると

刺激が強くて気持ち悪くなるときもあったのです.

酸味のある系はあまり好きじゃありませんでした.

なので,コーヒーに選ばれた人間じゃないんです.

色んなコーヒーを出されて,味について議論したものです.

ここで学んだことを活かし,

お客さんにも,食べ合わせを考えてコーヒー豆をオススメします.

スマトラは,大地のようなかおり・・・

ヴェロナは,チョコレートのようなかおり・・

かろうじて区別がつくような気はしましたが,ピンときません...

今思えば素晴らしい教養を身に着けてくれたバイトです.

こんな,アルバイトに,コーヒーのすばらしさ,奥深さを教えてくれようとする

仕事がありましょうか・・・・こんな,ちょっとした香りの違い・・

コーヒーって奥深いんやな~.なんかコーヒーってカッコいいな・・・

ここで働いている自分,なんか,,,イイ!!!!!

店員全員に心からそう思わせる,これがハワードシュルツのカリスマ経営です.

 

しかし,私は別になんでもいいとしか思えなかったのです..

コーヒーは,コーヒーじゃねえか・・・

どれも,ミルクと混ぜちまえば,わからねえよ・・

スーパーでUCCのやつで,いいよ・・・

ということです.

 

もちろん豆に個性があるのはわかります.

炒り方でも違うし,

癖の強いもの,全く別タイプのものなどはわかるのですが~~..

別にそこまでこだわらなくていいなと.

 

なので,そういうのにこだわっている人の前では

とてもコーヒーについて語れないと思っていたんです・・

あの人たちは,なんか,たぶん,オタク的な人たちです!

プロの何かです!ワインソムリエみたいなやつです!

ふつうの人にいらない能力を持っています!!

 

ここでコーヒーのことを学んだ後

私生活で私なりに応用しています.

ミルクとコーヒーを合わせたカフェラテがとても上手に入れられるようになりました.

そのレシピを紹介したいと思います.

 

 

半径5mの身近な人たちは

私のいれるコーヒーが一番おいしいと言ってくれるし

こんなにおいしいコーヒーは飲んだことがないといってくれます.

もちろん,コーヒーマスターには飲ませられませんが・・・・

 

コーヒードリンクは,大きく分けて二種類に分けることができます.

・ドリップ

エスプレッソ

 

次回よりイラストを交えて説明します.