Brunnensteinの日記

底辺アカデミアの日常@ババア遷移領域

共同研究

学会で知り合いの気持ち悪い准教授が突然うちの研究室に見学にきて

共同研究をもちかけてきたのだが

めちゃくちゃつまんない研究だし

どうしてそんな方法でやるのってかんじだし

こんなにセンスなくても准教授ってなれるんだなあ、、

と感心した、、

やる気だけはあるからどうにかなってるのか、、

研究費くれるとか

給料にもできるとか

ファーストオーサーで論文かかせてあげる

だの言われる

独身でかなりモテなさそうなひとで

お金がないから企業の下働きみたいな研究ばっかして小銭稼いで

論文かいてなくて

学会でも懇親会のときに気持ち悪がられてて

あまり他の先生に話に入れてもらえておらず

もしかしたら美味しい話しなのかもしれないけど

いろんな意味でムリかなあと

そもそも論文になるか怪しいテーマを

私を使って形にしようってことでしょ、、

一緒に学会とかいきたくないし

わたしを取り込んで利用する気なのか、、

しかも、私を使う立場に立とうという気か、、

このきもい実力のない人間が、、

私の黄金の労働力をなんだと思ってるのかしら、、

と思えて嫌悪感を覚えたのだが

わたしはおこがましすぎなのであろうか、、

たしかに私にお金もなにもなく

上司も助けてくれない環境だったら

泣いて飛びつくのだろうか?

ほんとそうじゃなくてよかった、、

こんな人に頼らなきゃいけないって、、

人権の危機である。

親切なのかなんなのかよくわからない

だって指導教官だって

そうだったもんね。

指導教官は実力があるだけマシだったが、、

 

何をやるかより、何をやらないかが重要

と日本人の有名な科学者が言ってたのですが

まさにそれをかんじた、、

 

向こうはわざわざお菓子持ってやってきて

昼ごはんもおごってくれたので(私がおごろうとおもったのに

感じよくしなきゃしなきゃと思っていたのだが

三時間くらい居座ってお茶とかのんで

ベラベラ喋ってて

なんかどうしても気持ち悪くて

感じよくしきれず

ドッとつかれた

せっかくのオフィスアワーが!!!

まじでこういう奴が多すぎる!!