Brunnensteinの日記

底辺アカデミアの日常@ババア遷移領域

私大って恵まれてる

私大なんですが恵まれてます.

マトラボライセンス無料

オフィス無料

各研究室年間300万くらい教育研究費がつく

助教には20万円研究費がつく

数値計算ソフトウェアライセンス維持費の補助あり

研究室スタートアップ資金1000万くらいつく

科研費が不採択Aのとき半額くらいつく

その他学内予算があり低競争率で獲得できる

学内に工場があって,作業員さんも結構いて装置つくれる

学内に分析センターがあって普通じゃ買えない装置をそろえてくれてる(これはどこもそう・・?あと私が使いたいのはあんまない・・)

 

すごくないですか・・・・

これで全然成果だしてないんだからすごい・・・

 

でも国の研究所とか

企業なんかは

数千万~数億の装置もってたりするんですよね~...

 

前いた研究室も数千万の装置いくつかありました.

国家プロジェクトとか,大きな予算が当たるんですよね.

数千万ないとまともな研究できないんだと思い込んでました・・

そんで数億円の装置もってる企業をうらやんで・・・

 

しかし,今思ってみると

最先端の装置なんてかならずしもいらないし

改造したり自作すれば済むものを

ブランド力の高いメーカーにオーダーメイドしてたんだな

前の研究室は・・・・

そういうところにバーン!!と発注してしまうのが

きっと東大の先生とかの

ステータスなんでしょうな・・・

いくらでも節約できるし

金にモノを言わせた研究をしなければいいだけだし・・

(金にモノを言わせれば,高速・高分解能でデータがとれるので

 それだけで論文になる・・)

どうにでもなるんですな~~~...

まあねもちろん,お金はあったほうがいいに決まってるけどね・・.

 

そのかわり学生が怠け者でアホです・・・

もちろんたまには優秀な子もいるんですが・・

 

学振DCの研究費90万円は先生に使われてしまったんですが

こっちきてから20万の裁量もらえて,それだけでも

すごい幸せでびっくりしましたよ.

90万円おおきいな~と.

ほんと,,学生の時使わせてほしかった.

がめつい先生に使いこまれてしまいました..

今年は70万~!

外部資金たくさん申し込もう・・・