Brunnensteinの日記

底辺アカデミアの日常@ババア遷移領域

鳥生レバー

f:id:Brunnenstein:20180622003603j:image

友達夫婦とその周辺の人々とのむ

某省官僚たちだったのですが

やっぱ奴らはギラギラしてますなあ、、

東大にいるときのかんじ、、

いまの研究生活ってまったりしすぎかもな、、

と焦りました、、

いやー大学教員てなんか作業が細切れになりやすいー!

一日何かしらやっててヘトヘトになるのに、すごい頑張った気がしないんだよなーー

1日が、なにかしら自分の研究成果に直結しないと不安だ

 

そこの飲み屋で、、

鳥のレバ刺しと生つくね出たんですよ、、

幸せだった、、

まだこんなの食べれるとこあったんや、、

わたし!!鳥刺しって宮崎でしか食べたことない!!

ほんとはね、生の牛がいいけどね。

体調悪いときはやめといた方がいいかもと

店員さんにいわれる。

官僚たちは徹夜明けにたべても当たったことないらしい

さすが、、官僚の体力、官僚の消化器、、

くそー、、まけたくねー、、

奴らは私を通りすがりの無力なマ〇コにしか思っていないようだった.

(被害妄想アリ)

お前より、、わたしの方が日本に貢献してやるんだからな、、

この思いあがった下種人間ども!(自分もね・・)

今度徹夜明けに食いに来てやるぜ、、

 

某省は指導教官の出向先だったので

友達の旦那さんの官僚たちと指導教官が知り合いだった

世の中せまいなー

狭い世界だからこそわたしは!!

誠実に生きるのです!!!そして、良い仕事をするのです!!

 

ほんとはこういう居酒屋たくさん開拓したいのだが

お酒ものめんし一人でいくの恥ずかしくてね、、