Brunnensteinの日記

底辺アカデミアの日常@ババア遷移領域

別れた

彼氏とわかれました、、

突然ですよね!

そうかこういう別れがあるのかというかんじ。

私が結局、彼氏と結婚するために行動できなかったし

煮え切らなかったので

彼氏が耐えられなくなった形です

彼氏は私より7個も上だし

まわりに結婚結婚いわれるのも辛かったらしい

そりゃそうか

彼氏はずっと私が親を説得するのを期待してたらしい

私はまだ結婚までしていいのかわからなかった、、

まだお互い好きなんだけど、、

 

最近彼氏に疑問を待つことや

うるさいなーとおもうこと

があったので疲れがたまっており

お互いのそういうタイミングが重なったかんじです、、

すれ違いってやつなのか、、

 

喧嘩したことなかったんだけど

ずーっと仲良かったんだけど、、

こうやっておわるのかあ、、

勉強にならなくもない、、

彼氏にも問題はあったのだが

私も彼氏とおなじ愛情が返せてなかった、、

でも私は料理をつくったりマッサージをしてあげたり

サービスの面ではなかなかよくやってたとおもう。

彼氏は私への執着と行動がすごかったけど

なんてすごい愛情深い人間なんだ俺は、と本人は思ってる感じで

まあ私も愛情をありがたいと思ってて

これを、無下にしてはならないとおもった

でもたまにそれが重かった

そして彼氏のその愛情ってそんな崇高なものなのだろうか?

とも思えるのだ。

ただ結婚したくて、それに丁度いい私がいて、

突っ走ってるだけなのかもしれない、、

本人は自分が素晴らしく愛情深いにんげんだとおもってた

私もそうおもってたけど

なんか歪みがあった

もし結婚したらそれがなにかしら問題になるのをかんじた。

私から振れないかんじだったので

向こうから切り出してくれたのはありがたかったのかもしれない、、

 

あまりにも長い電話で

うんざりしてつかれて

別れ話の電話きったあと

悲しいけど、

あーやっと終わった、、と思った。

いつかこうなる気がしてたから案外普通かなとおもった

最近週末だけあってて、ただ家で過ごして

つまんないなっておもうこともあったし

やっぱ心配のある付き合いだったから

不安を持ちながら、結婚適齢期をゴミ箱に捨ててるかもなって思いながら

でもこの人と向き合おうとおもってた

解放されて

ホッとしたきもした

でも次の日胸が痛くて脳がいつもとちがくて

彼氏が夢にたくさんでてきて

すごくつらくなった、、

つらい、、

つらい、、、

 

やっぱ別れたくない、、かんばるから、、

って言おうかとおもって言えなかった

夢の中で彼氏にそう言って

じゃあ頑張ろって彼氏が笑顔で手を握ってくれた

ほっとして嬉しい気持ちが一瞬湧いて

その直後私は

あー、また、頑張らなきゃいけないのかあ、、

としんどいきもちになって

はっとして

目が覚めた

 

彼氏はお国柄なのか

すごくメランコリックになってて

それが伝染してきてつらい

愛しあえる人、なんの気恥ずかしさもなく笑顔で抱きしめてホッとできる人が

いなくなってしまったんだ、、

楽しかった思い出たくさんあって

つらいなあ。

ほんとにこれでよかったのか何度もかんがえて

答えなんてでなくて

つらかった。

お母さんに話したら

それでよかったのだといわれた

 

生きてるってたいへんだ、、